住宅を購入するときの費用と頭金はいくら?

住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。
頭金無しでも住宅が購入できる!と言った様な広告もありますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。
返済を少しでも少なくしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。
頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な費用がかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。
住宅ローンを組む際はまず、どの金融機関に融資をお願いするか決めないといけません。
銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど住宅ローンを申し込める金融機関は数多くあります。
各金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特別大きな違いはありませんが、ネットバンクは実店舗がないので、すべての取引をネット上で行う事になります。
店舗にいく手間がないので非常に人気です。
店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少しでも少なくしたい方や忙しい方におすすめの住宅ローンです。
住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
住宅ローンの金利は大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。
あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行の方から薦められるという事はありません。
一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。
また、固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって審査が変わってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。

自営業・経営者住宅ローン頭金は?シミュレーション!【返済負担率は?】